about/島根デザイン連盟とは

1.研究的立場でのデザイン活動

デザイン活動は社会の動きを敏感にキャッチし反映する中で育つ極めて流動的な制作活動である。
したがって現代、多くの情報が乱れとぶ社会の中で、また、目まぐるしく変化していく生活の中で、常に、その変化に即応しながら進まねばならない。
時と場合によれば、その先頭に立ち、我々の生活の改善者としてのリーダーシップをとる時もでてくるわけである。
そのようなデザイン活動の使命を考えた時、デザイナー達は、制作活動を、ただ、漠然と惰性で行うことは許されなくなる。
すなわち、今日まで修得した技術で自己表現をすればよいということでは済まされない時代を迎えているのである。

そこには、社会の動きを一早くキャッチする情報収集感とでもいうもの、
また、それにともなって明確化される社会のニーズに答えるだけのアイディアとテクニックが必要となり、
しかも、社会を納得させるだけの理論的裏付けが、作品と制作態度を通して必要となるのである。

我々は、この様な社会変動に基づく多様に変化する生活の中で、デザインに対する社会の願望に応え、
デザイナーとしての使命を果す為に、常に研究的態度をもち、理論的裏付けを持った実験的作品を世に問いかけていく努力を払わねばならないと考える。

2.デザイン活動と仲間意識

純粋芸術である絵画等を考えてみると、制作過程において、自己表現の追求の為に自分なりの方法と思考で活動が進められている。
そこには、社会の動きに左石されない、確固たる“自己をつらぬく”信念のようなものを求めようとする場面が見られる。
それは、極端ないい方をすると、孤独な追求とでも言えるかと思う。

さて、デザインの場合はどうであろうか。確かに、自分の信念をつらぬこうとする、その態度は普通の芸術活動も変りはない。
また大切さも同じである。しかし、忘れてならないのは、デザインの場合、常に第三者の要求が一枚加えられるということである。
すなわち、一つの条件の中での制作活動であり、社会情勢、人間個々の考え等を充分知りえた上での活動となる。
とすれば、たった一人で制作活動を進めて行くことが難しくなってくるのである。
常に新鮮を情報と、新しい技術の交換とを、あらゆる仲間を通じて吸収し、あるいは自己の考えを放出し、仲間の意見を求めながら活動を進めて行くことが大切となる。

さて、ここで地方都市の現状を考えてみよう。
デザイナーの数、デザインへの関心度、あるいは情報提供の機関、指揮的機関等どれをとってみても大都市とのハンディキャップは広がるばかりである。
意見交換の場の少なさは、地方都市の悪条件に比例し、社会からの手きびしい批判を受けないまま育つデザイン活動が生まれることにもなる。

以上の面を考えた時、道を同じくするものが結集して、自己の為、あるいはデザイン界の為に努力するところにデザイン連盟の使命があると思うのである。
多くの仲間の手の握りあいから、人間一人一人を理解し、自分白身にプラスとなるものを見つけ出し、
努力するところに社会に必要なデザインを生み出す原動力があり、また、地方のデザイン活動をより発展させる一番近道な手段でもある。
もちろん、我々の仲間意識はデザイン活動のみで結びついているのではなく、我々の長い人生において、人間としての結びつきも大切にするものである。

3.島根デザイン界の礎としての立場

一つの創造活動が活発化していく為には、その母体となる組織が必要となってくることはいうまでもない。
特に地方都市の場合、近年、創造活動を推進する機会は増加しつつある。
それらの活発化していく創造活動を確実に受けとめ確実に推進する組織も活発化を要求されるのは当然である。
しかし、現段階でその組織の不活発も否定できない。
このことはデザイン界でも例外ではなく組織的動きの低調さはデザインへ興味を示す者達をただ一人で学習し、ただ一人で自分のみに話しかける現状に追いやっている。
これでは地方都市のデザインの発展性はなく、個々に、すぐれた活動をしているデザイナーが、その考えを気楽に世に問い。
仲間達に話しかけることのできる包容力のある団体を我々の連盟はめざさねばならないと考えている。
これから島根の地ではばたこうとするクリエーター達に暖かい目を向け、彼等が活躍できる“足場”の役目もしなければならないのである。

すなわち、我々は、県内外で活躍する、あるいはこれから活躍しようとするデザイナー達へのパイプ役的任務にあることを自覚しなければならないと考えている。
以上、三つのねらいを核として、ひたむきに活動を続ける所に島根デザイン連盟の存在の意義とこれからの発展はある。


index